討論主題

気相・凝縮相・表面・界面における化学反応の速度論、および動力学に関する実験と理論。 励起状態の生成と緩和を含む。

第34回化学反応討論会を以下の通り開催致します。

本討論会は、国際会議です。発表は、海外からの招待講演者や外国人参加者も討論に加われるよう、英語でお願いします。要旨、口頭発表用ビューグラフ及びポスターを全て英語で記述してください。

主催

第34回化学反応討論会実行委員会

会期

2018年6月6日(水) ~ 6月8日(金)

招待講演者

  • 「Study on nonradiative decay and photoisomerization mechanism of cinnamate derivatives - Experimental and theoretical approach」
    江幡 孝之先生 (広島大学)
  • 「HOx radical chemistry in the air」
    梶井 克純先生 (京都大学)
  • 「Radiative cooling of hot carbon cluster anions」
    城丸 春夫先生 (首都大学東京)
  • 「Photo-induced ultrafast excited-state dynamics in transition-metal complexes: A theoretical perspective」
    Dr. Etienne Gindensperger (Université de Strasbourg, France)
  • 「Ultrafast Molecular Dynamics Induced by Intense Laser Fields」
    Dr. ZhiHeng Loh(Nanyang Technological University, Singapore)
  • 「Gas Phase Photochemistry, spectroscopy and mass spectrometry of protonated heteroaromatics」
    Dr. Adam Trevitt (University of Wollongong, Australia)

会場

量子科学技術研究開発機構 関西光科学研究所 多目的ホール

関西光科学研究所 実験棟見学会

今回の討論会では、会場となっております量子科学技術研究開発機構・関西光科 学研究所の実験棟の見学会を開催します。 実験棟ホールでの簡単な研究紹介を致します。また、一部の大実験室を見学窓も しくはカメラモニターから見ることができます。
当日、学会受付に見学者記入リストを用意しますので、ご希望される方は、開始前までにリストにご所属、お名前等をご記入ください。 定員(30 名程度を予定)に達しましたら、締め切らせて頂きます。

日時は、下記の2回を予定してます。


(1) 6月6日(1日目昼休み)12:25 - 12:55
(2) 6月8日(3日目終了後)17:00 - 17:30


なお、外国籍の見学希望の方に関しまして、QST の規定により、事前に以下の情報を事務局まで電子メールにてお送りください。
(1.パスポートに記載された名前、2.国籍、3.所属機関、4.職位、5.性別、6.生年月日)

連絡先
E-mail:sckd34@sckd.jp ("@"を半角文字に置き換えてください)

UPDATES