化学反応討論会2006


 Contents

 トップページ

 講演要領

 参加登録

 発表申込

 要旨原稿送付

 プログラム

 会場

 共催・協賛

 事務局

 English

プログラム

口頭発表第一日目(6月7日)第二日目(6月8日)第三日目(6月9日)
ポスター発表第一日目(6月7日)第二日目(6月8日)

講演番号をクリックすると、要旨がご覧いただけます.

招待講演
第一日目 6月7日(水)

11:25-12:10 I1内殻電子励起による化学反応の制御
(広大院理) 田中健一郎
15:10-15:55 I2Ultrafast dynamics in organized and biological assemblies
(Indian Assoc. Cultiv. Sci., India) Kankan Bhattacharyya
17:50-18:35 I3NOセンサー蛋白、グアニレートシクラーゼがCOに鋭敏になる時の構造化学
(分子研) 北川禎三
第二日目 6月8日(木)
09:00-09:45 I4溶液内反応のポテンシャル面とダイナミックス
(京大院理) 加藤重樹
11:15-12:00 I5Detection of free radicals in combustion processes with tunable synchrotron photoionization technique
(Univ. Sci. Tech. China, P. R. China) Fei Qi
16:55-17:40 I6Crossed molecular beam reactive scattering: a useful tool to study dynamics of elementary reactions.
(Inst. Atom. Molec. Sci., Taiwan) Jim Jr-Min Lin
17:40-18:25 I7Probing the HOCO potential energy surface by photodetachment of the HOCO- anion
(Univ. Calif., San Diego, USA) Robert E. Continetti
第三日目 6月9日(金)
12:45-13:30 I8Real time quantum state holography using coherent transients
(Univ. Paul Sabatier, France) Bertrand Girard

口頭発表
第一日目 6月7日(水)

[セッション1] 9:30~10:45
1A1静電型リングによるイオンの蓄積、制御および反応実験
(首都大院理工) ○城丸春夫・後藤基・神野智史・高雄智治・花田勝彦・奥野和彦・阿知波洋次・田沼肇・東俊行
1A2The effects of nuclear motion on molecular photoionization
(Tohoku Univ.1・Texas A&M Univ., USA2) ○R. R. Lucchese1, 2
1A3電子・Xe原子衝突の二次の相互作用における巨大共鳴
(東北大多元研1・東邦大2・関西外大3) 三宅祐輔1・渡辺昇1・○高橋正彦1・宇田川康夫1・酒井康弘2・向山毅3

[セッション2] 11:00~12:10
1A4F1s励起CF3SF5の超高速解離ダイナミックス-ドップラー・シフト-
(京教大1・高輝度光科学研究センター2・広大院理3・愛媛大理4・産総研5) ○伊吹紀男1・伊藤伸一1・為則雄祐2・岡田和正3・長岡伸一4・森下雄一郎5・鈴木功5
I1内殻電子励起による化学反応の制御
(広大院理) 田中健一郎

[ポスターセッション1(1P01-1P51)] 13:10~15:10

[セッション3] 15:10~16:45
I2Ultrafast dynamics in organized and biological assemblies
(Indian Assoc. Cultiv. Sci., India) K. Bhattacharyya
1A5分子動力学法によるSDSミセル生成の自由エネルギー計算
(分子研) 吉井範行・○岡崎進
1A6溶液中でのビアンスリルCT状態生成機構とCT状態における電荷共鳴相互作用-時間分解近赤外分光法による研究
(東大院理1・ハイデラバード大2) 高屋智久1・S. Saha1・浜口宏夫1・M. Sarkar2・A. Samanta2・○岩田耕一1

[セッション4] 17:00~18:35
1A7埋もれた界面を観る四次非線形振動分光
(理研田原分子分光) ○山口祥一・田原太平
1A8水溶性界面の和周波振動分光の理論計算
(分子研1・計算センター2・総研大3) ○森田明弘1,2,3・石山達也1,2
I3NOセンサー蛋白、グアニレートシクラーゼがCOに鋭敏になる時の構造化学
(分子研) 北川禎三

第二日目 6月8日(木)
[セッション5] 9:00~10:35
I4溶液内反応のポテンシャル面とダイナミックス
(京大院理) 加藤重樹
2A1振動励起による単分子反応と単分子操作
(理研1・東大・新領域2) ○小原通昭1・金有洙1・川合真紀1,2
2A2水中に分散した金クラスターの空気酸化触媒作用
(分子研) ○佃達哉・角山寛規・櫻井英博

[セッション6] 10:50~12:00
2A3自由エネルギーに基づいた反応速度論
(富山大理1・大阪工大2) ○安田祐介1・根本藤人2
I5Detection of free radicals in combustion processes with tunable synchrotron photoionization technique
(Univ. Sci. Tech. China, P. R. China) F. Qi

[ポスターセッション2(2P01-2P52)] 13:00~15:00

[セッション7] 15:00~16:40
2A4On-line study of Toluene pyrolysis by VUV-SPI-TOFMS
(Univ. of Tokyo) ○B. Shukla・A. Susa・M. Koshi
2A5衝突エネルギー分解ペニングイオン化電子分光法によるDyson軌道の実験的決定
(東北大院理) ○岸本直樹・山崎優一・堀尾琢哉・大野公一
2A6I-(CH3CN)nクラスターの光励起ダイナミクスに関する理論研究
(埼大理) ○高柳敏幸
2A7交差分子線-レーザー誘起ケイ光法による遷移金属原子反応ダイナミクスの解明:V(a4FJ)+NO→VO(X)+N
(兵庫県立大院物質理学) 石田雅幸・山城亮・松本剛昭・○本間健二

[セッション8] 16:55~18:25
I6Crossed molecular beam reactive scattering: a useful tool to study dynamics of elementary reactions.
(Inst. Atom. Molec. Sci., Taiwan) J. J.-M. Lin
I7Probing the HOCO potential energy surface by photodetachment of the HOCO- anion
(Univ. Calif., San Diego, USA) R. E. Continetti

[懇親会] 18:30~
第三日目 6月9日(金)
[セッション9] 9:00~10:15
3A1”第3チャンネル”領域でのベンゼンの超高分解能レーザー分光
(京大院理1・神戸大分子フォト2) ○馬場正昭1・D. Y. Baek2・土肥敦之2・笠原俊二2・加藤肇2
3A2非断熱現象を利用した分子設計
(九大情報基盤セ1・京大福井セ2・分子研3) ○南部伸孝1・石田俊正2・中村宏樹3
3A3分子吸着反応を利用したハロゲン化ナトリウムナノ結晶のかご構造の観測
(東北大院理1・京府大人環2) ○美齊津文典1・鶴田護1・古屋亜理1・大野公一1・リントゥルオト正美2

[セッション10] 10:30~11:45
3A4希土類有機金属ナノクラスターの生成反応と電子状態
(慶大理工1・ANL2・JST-CREST3) ○細谷夏樹1・竹上竜太1・矢田啓蔵1・古瀬駿介1・三井正明1・M. B. Knickelbein2・藪下聡1・中嶋敦1,3
3A5単一金ナノ微粒子の時間分解近接場分光
(分子研) ○井村考平・岡本裕巳
3A6フェムト秒レーザーアブレーションによる分子の原子イオン化
(理研) 加藤俊幸・○小林徹・松尾由賀利・西村美月・小山理恵子・河合純・林崎良英

[セッション11] 12:45~13:55
I8Real time quantum state holography using coherent transients
(Univ. Paul Sabatier, France) B. Girard
3A7位相ロックダブルパルスで制御された振動波束干渉の時空間イメージング
(分子研1・JST-CREST2・総研大3・Paul Sabatier大4) ○香月浩之1,2,3・穂坂綱一1,2・千葉寿1,2・C. Meier4・B. Girard4・大森賢治1,2,3

[セッション12] 14:10~15:50
3A8有機伝導体(EDO-TTF)2PF6の超高速・高効率光誘起相転移とコヒーレント制御
(東工大院理工1・ERATO/JST2・京大低物セ3・京大院理4) ○恩田健1,2・荻原将1・石川忠彦1・M. Chollet1・X. Shao2,3・矢持秀起2,3・斉藤軍治4・腰原伸也1,2
3A9コインシデンス運動量画像法による強光子場中メタノール分子の超高速水素ダイナミクス
(東大院理1・NTT物性研2) ○沖野友哉1・古川裕介1・P. Liu1・市川太佳之1・板倉隆二1・星名賢之助1・山内薫1・中野秀俊2
3A10強レーザー場中で起こるベンゼンのトンネルイオン化に関する理論研究
(中央研究院 原子分子科学研究所1・CREST2・台湾大学3) ○長屋州宣1・H.-F. Lu1・峯尾浩文1・三嶋謙二2・林倫年3・S. H. Lin1
3A11極短パルス強光子場による反応イメージング
(分子研) ○菱川明栄・松田晃孝・高橋栄治
このサイトに関するご意見はこちらまで.
Copyright 2005-2006 Tomokazu Yasuike and Kazuya Ishimura All Rights Reserved.